弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

斜線制限・日影規制

「斜線制限」や「日影規制」は、建築物による日照被害を防止するための規制す。建物を立てるときには、この制限を守る必要があります。ここでは、斜線制限の考え方やよくあるトラブル事例と対処法をご案内します。「隣地で新築中の建物が斜線制限に触れているが、どうしたらよい?」「斜線制限を守っていれば日照権は主張できないのか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

斜線制限・日影規制に関する法律相談

  • 日影規制と、受忍限度について教えてください

    不動産・建築建築斜線制限・日影規制

    我が家の南側、リビングの最短で3メートル弱前に2階建ての家が建ちます。 建築法に違反がなければ、こちらはどうすることもできないとのことでした。 しかし、日影規制と、受忍限度という...

    1弁護士回答
  • 日影規制について

    不動産・建築建築斜線制限・日影規制

    隣接する土地に建物が立つことになりました。 日影の条件緩和の影響を受けており、この点で交渉ができないものかと考えています。 日照の面で、日影の話をしていますが、現マンション購入...

    2弁護士回答
  • 日影規制について

    不動産・建築建築斜線制限・日影規制

    分譲地を購入し、200万かけて建築条件を外し、現在確認申請中の者です。 東、南が5m道路、西が水路+道路ととても条件が良いため、分譲地の中で最も高く、旗敷地(同坪数)の所とは780万の差が...

    2弁護士回答
  • 北側斜線で建築基準に触れた場合、1ミリでもダメ?

    不動産・建築建築斜線制限・日影規制

    隣地が新築中です。 北側斜線制限に触れているのを人工衛星写真と航空写真と白地図を使用して、真北を割り出し、計算した結果、微妙で、数ミリから数十センチで建築基準オーバーです。 数ミ...

    1弁護士回答
  • 北側斜線の起点となる隣地境界線の高さについて

    不動産・建築建築斜線制限・日影規制

    隣地と高低差が2mほどあります。隣地は南西側の高い方ですが、盛り土の下がった部分まで隣地で、そこに境界線があります。 北側斜線を適用する場合、真北方向の隣地境界線から5mの高さより、...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...