弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

建築 : 建築・リフォームのトラブル事例と対処法

太陽光の反射がまぶしい、暑い等の苦情があったらどうしよう?

太陽光発電のパネルを屋根に設置したいのですが、私宅の屋根はスカイパティオの切妻屋根で、軒下が一般の2階建ての屋根より下の位置まで来ます。
屋根に太陽光パネルを設置すると季節や時間によって反射角度は異なるとは思いますが、パネルに反射した太陽光がちょうど、南側の家の2階部分の窓や壁に反射すると思われます。

市の都市計画では、北側の境界、壁面から何m離す、と言う位置の規定がない地域で、良好な住環境を築くことを目的する地区です。

私は、南側のお宅の新築工事の際に、話し合いを求めましたが、この地域を管理する県も、管理組合も家を建てる施主も何故か話し合いを拒否し、家を建ててしまいました。
太陽光の反射がまぶしい、暑い等の苦情があっても話し合いを拒否して家を建てたのだから、南側のお宅に責任があると思うのですが、私はどのように対処すれば良いのでしょうか?
>太陽光の反射がまぶしい、暑い等の苦情があっても話し合いを拒否して
>家を建てたのだから、南側のお宅に責任があると思う

これは間違った認識です。これが言えるのであれば、自分の隣の土地に家を建てさせないためには、隣の土地に強烈な太陽光反射をするパネルを設置すれば良いことになります。
むしろ、質問者様の太陽光パネルの存在が、隣地に家を建てるための障害になる不法行為である可能性もあります。
誰でも自分の土地に建築基準法に合致していれば好きなように家を建てる権利があります。しかし、質問者様の太陽光パネルのために、特別な施工が必要になって建築費が高くなるとか、一定方向には窓を付けられなくなる(太陽光で温度が上がるので)とか、強い太陽光のために家屋の老朽化が激しくなるなどのことがあれば、質問者様に損害賠償責任が発生する可能性があります。
また、質問者様の太陽光パネルの存在が、隣の土地の使用を妨げているということになると、隣地の所有者から、自分の土地を有効に使うという所有権が侵害されているとして、太陽光パネルの除去を請求されるおそれまあります。
回答ありがとうございます。

市の都市計画では、良好な住環境を築くことを目的する地区です。
話し合いでの解決を拒否したのに、都市計画法には違反しないのですか?

この地域は、150坪に区切られており、南側のお宅は、北側境界から4m 離して建てられていますが、太陽光が届かない位置まで、控えて建てても南側のお宅の敷地は、南側は道理から13m 空いています。
問題の南側のお宅の隣のお宅は、北側境界から10m離して、家を建てています。他のお宅も北側境界からは、10mほど離して建てられています。
いくら所有権があったとしても 公共の福祉と言う法律もあるので、話し合いで解決しなければならなかったのではないでしょうか?

書かれている意味がよく分かりません。
建築確認が下りる設計であれば、虚偽記載がない限り、都市計画法も当然クリアしてます。
質問者様の太陽光パネルに配慮して建物を建てなければならないということ自体が、建物を建てるという権利を侵害されていることになります。質問者様の太陽光パネルを使えるようにすることは公共の福祉とは全く関係ありません。
市の都市計画課に相談したところ、太陽光発電のパネル設置についての規定はない、ので、よく話し合って欲しいとの回答を受けましたが、南側のお宅は話し合いを拒否しています。その場合、どうにもできないのでしょうか? 任意の話し合いなので、相手に話し合いに応じる義務はありません。
太陽光パネルを設置して太陽光の反射などが凄ければ、
妨害排除請求をされるおそれすらあるので、下手に出て、
太陽光がこの部分にあたるので、こちら側には窓を付けないようにお願いしますとか交渉するしかありません。
ただし、建築に関することなので、相手方にどのような家を建ててもらったら太陽光パネルのトラブルにならないのか等を建築の専門家に事前に相談した方がいいかもしれません。
最近よくあるトラブルは、
太陽光パネルを設置していたら、隣に建物が建ち、陰になる時間が増えたので、太陽光パネルが役に立たなくなったというものです。
このような場合、自分の家に太陽光パネルがあるので、パネルが陰にならないように家を建てろと隣地所有者に言える権利は原則ありません。建築基準法の日影規制や北側斜線制限をクリアしていれば、自分の土地にどのような家を建てようがお互いに自由だからです。高層ビルとかなら日照権の問題が発生することがありますが、2階建てや3階建ての建物では日照権も問題になりません。
>建築基準法の日影規制や北側斜線制限をクリアしていれば、

そうなんですか・・・

私の場合、最近よくある 太陽光パネルを設置していたら、隣に建物が建ち とはまた違うと思います。

ゆとりある住環境を目的とする都市計画では、北側境界から何mあけると言う規定がないため、私は南側の住民を話し合いを求めたところ 建築妨害だとし、私と管理組合の理事長が訴えられ、先日、判決が出て、被告が全面勝訴しました。判決文には、近隣トラブルはよくあることで、お互いに話し合って解決するべき問題である、と書かれてありました。

狭い敷地ではないので、反射光が届かない位置まで、後1m後退して家を建てても良かったのではないかと思います。

CARAMELさん
2017年05月03日 10時32分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう

2017年05月03日 11時11分

CARAMEL さん (質問者)

2017年05月03日 11時52分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう

2017年05月03日 17時49分

CARAMEL さん (質問者)

2017年05月03日 18時19分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう

2017年05月03日 18時49分

CARAMEL さん (質問者)

2017年05月03日 19時05分

この投稿は、2017年05月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 太陽光発電パネルの反射光光害の対処法について

    南側にある家の北側の屋根に太陽光パネルが設置されました。南側の家はひな壇状に一段低い位置に建っており、南側家の屋根の高さと当方の家の二階窓が同じレベルです。都内住宅地にあり建物間隔も狭いです。 当方は土地を購入済みでもうすぐ着工予定です。いよいよ着工というタイミングで太陽光パネルが隣家北側屋根に設置されたため、...

  • 日照権

    昨年北側に家を建てました。今年に入り南西に8.8mのモデルルームが建ち(現在入居者あり)今月に入り真南に8.8mの注文住宅が建築中です。6月の時点で冬至の時に我が家の太陽光が一部陰ると言う説明がありました。二棟共高い家なので、午前・午後と陽が当たらなくなります。その時は太陽光発電の減り具合を調べ、最大25%減と...

  • 北側隣家とのトラブル

    新築戸建工事(3F建)における、北側のお住いの隣家とのトラブルです。 建築確認申請が通り、現在、基礎工事が完了し、足場を組み、上棟前です。 足場を組みおわった際、北側のお宅から、工務店に対し、「下請業者のトラックが、私の敷地の前の道路に少しはみ出している。タバコが私なや敷地に落ちている。また、足場が境界を越境し...

  • 隣地から雨水の排水パイプを外し、溝に流さないように要求されている

    昨年に新築をしたが、最近になって隣地(低地)から、排水パイプから雨水を流さないように言われた。 雨水は、私と隣地(低地)との境界の間にある溝に排水パイプで流し、その後、隣地(低地)の所有する土地の溝を通って、市の側溝へ流れている。 苦情としては、隣地(低地)の所有する土地の溝を通らなければ市の側溝へ流れないため...

  • 3階建て新築住宅の弊害

    西側に新築予定の基礎工事が始まり施工業者に説明を要請し又、施主も紹介して貰い改良要望をぶつけましたが基本設計通り、仕様変更も受付けられませんでした。 私の住宅は西向きにKCがあり家内は障害者で殆どがこのKCで生活しております。そこに西側に3階建ての住宅で外壁色が黒系であることで採光が無くなり日中も電気が必要になりま...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。