弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

建築

ここでは、建物を建てるときや居住目的で土地を買う際によくある法律トラブルや対処法をご案内します。「建築基準を満たしていない建物を売却することは可能か?」「改築中の隣家が建築基準を満たしていない場合、工事をやめさせることはできるのか」「住んでいる土地が接道義務を果たしていないが、建て直しできないのか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

建築に関する法律相談

  • 弁護士さんに着手金をお支払いしましたが、弁護士さんからの連絡ありません

    不動産・建築建築

    春から弁護士ドットコムさんで弁護士さんを探して何社がまわって 夏に着手金をお支払いしましたが、それからは弁護士さんから連絡がありません。何度か電話しましたが、留守番電話か事務の...

    3弁護士回答
  • 示談書の誤っている個所の訂正を求める方法

    不動産・建築建築

    調停などを通さずに下請け会社と不良工事及び器物破損及び不良個所は無いと連絡した事に対して示談書を交わしましたが、その後示談書の起債されている不良工事の連絡先が発注会社で無く元請...

    1弁護士回答
  • 調整区域の農地転用と都市計画法違反について

    不動産・建築建築地目・用途地域

    土地所有者が、調整区域の農地を売る際に農地転用して雑草地にして販売しようとしていました。 不動産屋から、建物が建てられないと聞いていたので購入しませんでしたが、 ある業者(たぶん...

    1弁護士回答
  • 同意書がもらえないアパートの工事

    不動産・建築建築

    アパートの浄化槽から下水道への接続工事が入居4軒のうち1軒の同意書への印鑑の拒否で止まっています。  この工事により水道料金が上がるので、反対していると思われます。  工事を完成さ...

    2弁護士回答
  • 建築確認の図面が欲しい

    不動産・建築建築建築確認申請

    美容室を営んでおります。 隣の店舗が改装しているときにシンナーの匂いがこちらの店に充満してしまい気分が悪くなってしまいました。改装屋さんに聞いたら 天上が繋がっているらしのですが...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

建築に関する解決事例

眞木 康州

眞木 康州弁護士

訴訟前の調停手続きにおける調停案の約2.5倍の損害賠償を獲得した事例

マイホームの新築工事の瑕疵をめぐりご依頼者様と施工業者との間で紛争がありました。 ご依頼者様は、当初、弁護士をつけずに調停手続きを行っていました。 調停手続きの中で現地確認を経た上で調停委員会から示された調停案にご納得がいかず、相談にお越し下さいました。調停案にどうしてもご納得できないご依頼者様のご意向を尊重...

玉城 光博

玉城 光博弁護士

工事請負代金の過剰な請求から依頼者を守ったケース

ご相談者は施工業者の社長様で、あるビルの建築に関して一次の下請業者として参加したが、二次の下請業者が、ビルの建設完了後しばらくしてから、過剰な工事請負代金を請求してきていて困っているとのことでした。交渉ではまとまらずに、訴訟になりました。当事者の間できちんとした契約書が作成されておらず、成立した合意の内容が、...

信藤 秀樹

信藤 秀樹弁護士

占有者が賃借権を主張したが、その主張が排斥された事例

ある会社がホテルを競売で落札しましたが、占有者である会社が、抵当権設定前からの賃借権を主張していました。占有者である会社に対して建物明渡訴訟を提起しました。 相手方は、前記のとおり抵当権設定前からの賃借権を主張していましたが、競売事件の記録全てを謄写したところ、相手方が訴訟において賃借権の根拠として提出してい...

関連カテゴリから解決方法を探す

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  2. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  3. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  4. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...
  5. 小栗旬さんに「エアコン室外機がうるさい」近...
  6. 保育園建設に近隣住民が「家屋の資産価値が下...
  7. 千葉・市川の「保育園」が周辺住民の反対で開...