弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

建築

ここでは、建物を建てるときや居住目的で土地を買う際によくある法律トラブルや対処法をご案内します。「建築基準を満たしていない建物を売却することは可能か?」「改築中の隣家が建築基準を満たしていない場合、工事をやめさせることはできるのか」「住んでいる土地が接道義務を果たしていないが、建て直しできないのか?」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

建築に関する法律相談

  • エクステリア図面に著作権はないのでしょうか

    不動産・建築建築

    エクステリアデザインをしています。 対象は個人のお客様が主です。 デザインを売りとし、他には無いデザインをモットーに社員全員で切磋琢磨しています。 通常、初回打ち合わせに、初回プ...

    1弁護士回答
  • 住宅会社でのモンスタークレーマーの対応

    不動産・建築建築

    住宅会社です。 工事中、雨にうたれて床下の合板にカビが発生しました。 それから先、工事の不具合なども指摘があり、、、 施主だけではなく、親まで登場して、謝罪の場を幾度となく設定され...

    1弁護士回答
  • 下請け業者の責任範囲

    不動産・建築建築

    ハウスメーカーと協力店の契約を交わして塗装工事の発注を頂いておりますが、何年か前に塗装した家で雨漏りが発生した為、無償で工事をするようにと言われました。 契約書には瑕疵担保責任の...

    2弁護士回答
  • 工事監理物件の判断に困っています。

    不動産・建築建築

    私が工事監理中の物件です。 工事施工者が精度の悪い工事をするので施工者に注意を与えても正確に施工する能力がありません。 工事を中断し監理を途中辞退したいと考えています。 発注者にそ...

    1弁護士回答
  • 瑕疵担保責任の請求についての質問です。

    不動産・建築建築

    去年の3月に居酒屋をオープンしたものです。 工事完了書にサインをした後に、 色々な欠陥や不具合が見つかりました。 最初の頃は直しに来てくれてましたが、 これからは有償でないと修理しな...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

建築に関する解決事例

黒澤 圭一朗

黒澤 圭一朗弁護士

図面の瑕疵が問題となった事案の解決

建築瑕疵が問題となり、原告側として相談を受けました。結果としては和解ですが,図面等専門的な知見についても必要な事案であったため,このような点についての知見が必要な事案にも強みを持っております。早い段階での相談が解決の鍵となります。まずはご相談ください。

榎本 恭博

榎本 恭博弁護士

不動産業者に対する貸金回収事件

東京在住の依頼者Aが大阪の不動産業者Bに3億円を貸し付けた。その貸付の目的は、Bが大阪近郊に広大な土地を取得した。その土地に数十戸の家屋を建築の上、転売して利益を上げる計画だが、建築資金が足りなくなった。それを貸してほしいと依頼され貸し付けたという。AはBとは長年の知り合いであったので、信用して特に担保を取得しない...

大槻 直

大槻 直弁護士

追加工事代金請求についての解決事例

建設会社からの依頼の追加工事代金請求でした。施主の要望で着工後に相当な設計変更を行ったのですが、建築法規や建物の安全性の問題で、完全には施主の要望通りの建物が出来上がらなかったために、追加工事代金の支払いを拒まれているという相談でした。施主が選任した設計士の経験が浅く、事前に十分に施主の要望を汲み取らなかった...

関連カテゴリから解決方法を探す

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  2. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  3. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  4. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  5. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...
  6. 小栗旬さんに「エアコン室外機がうるさい」近...
  7. 保育園建設に近隣住民が「家屋の資産価値が下...