弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

共有物分割 : 共有物分割とは?請求手続きと注意点

共有物分割訴訟 裁判について

共有物についてです。
現在、共有名義の土地の上に区分所有建物があります。建物は連棟式建物です。
これを現状分割する場合、区分所有建物の相手との共用部分の壁の下が境界になりますが、建物共用部分の下に境界をすることはできますか?
また裁判所はそうした現状分割を可能と判断しますか?
土地共有者と1つの建物の区分所有者のメンバーが同じであるという前提でお答えします。
土地の分割について,(行政上の規制は別にすれば)共有者間に協議が調えば,どのような線の引き方でも可能です。もっとも,一方の(区分)建物が他方の土地上に乗るような場合は,借地権を設定するなどして,土地利用の権利を処理しておく必要があります。
土地利用の権利処理の手間をなるべく省くため,1つの壁を共用しているような建物であればその壁の位置を土地の境界にするでしょうし,2つの区分建物の間に共用部分(屋根壁のある渡り廊下など)がある場合は,共用部分の下を土地の境界にするのが簡単であろうかと思います。
ですので,質問の前半部分については,「そのような境界を定めることも可能であり,建物の構造によってはそれが望ましい」ということになります。

質問の後段について,裁判所が現物分割を行う場合は,その物の価値を損なわないような分割方法を採ります。
構造上,共用部分に線を引いて分けることが公平かつ合理的であれば,そのような分割を行うことは十分にあり得ます。
他方で,構造上,共用部分で分割すると不公平であるとか土地の利用価値が下がるといった事情がある場合には,そのような分割方法は採用しません。
笠間先生ありがとうございます。
相手の担保が土地全体についたままですが現物分割してもお互いの土地についたままになると思いますが、それも考慮されるのでしょうか。

b4_ad0eさん
2018年01月10日 15時37分

みんなの回答

笠間 哲史
笠間 哲史 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県6 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2018年01月10日 17時06分

b4_ad0e さん (質問者)

2018年01月10日 17時16分

この投稿は、2018年01月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 共有物分割 区分所有について

    共有物分割についてです。 区分所有(連建式建物)の建物が共有名義の土地上に現存しますと、現物分割な不可能でしょうか。 また分離処分の禁止があるため裁判で競売の場合は建物も一緒に競売になるのでしょうか。

  • 共有物分割 裁判について

    共有物分割についてです。 区分所有(連建式建物)の建物が共有名義の土地上に現存しますと、現物分割な不可能でしょうか。 また分離処分の禁止があるため裁判で競売の場合は建物も一緒に競売になるのでしょうか。

  • 共有物分割訴訟 裁判について

    共有の土地上に区分所有している家に居住しています。このたび土地の共有物分割訴訟を現在考えており、3:2(各持分)での現状分割を考えています。 そこで質問ですが、面積のみではなく評価額も3:2になるように過不足分を現金で請求できるのでしょうか。また過去に判例があれば教えていただきたいです。

  • 共有物分割 裁判について

    共有の土地の上に区分所有の家があります。 家は2階建ての長屋形式のように壁を挟んで隣合わせです。相手が接道側、私が奥側に居住。 持分は私3:相手2です。 質問1 区分所有建物が現に存在するのであればどのような判決が可能性としてありますか。 質問2 現物分割後の評価額の過不足についてはどのようにみてもらえるのでしょうか。

  • 共有物分割訴訟について

    約10年前に家を新築 建物名義人は私と妻 土地名義人は父親 土地を担保にして、ローン支払いは、私と妻 連帯保証人は妻と父親 新築後 両親と決別 両親を追い出す形になる 決別後すぐに、両親が土地明け渡しの裁判を起こす 裁判所の和解策で土地を一万円/月で賃貸契約をする 現在、妻は働けないので妻の収入はない 住...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。