弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

瑕疵担保責任 : 不動産契約での瑕疵の条件・事例と対処法

中古マンション購入に関する瑕疵責任に関して-追記

皆様、

昨日ご質問させて頂きました上記の件に関しまして、ご返答頂きありがとうございました。
昨晩再度契約書を読み直しました。
その結果、下記のような表記が契約書に記載されておりました。
下記のような記載がある場合でも、7月に購入した中古マンションの床(コルク素材)の部分に害虫が発生してこと(被害は全室に及びます)に対して、売り主/不動産会社に対して瑕疵責任を問えるものでしょうか?

契約書をそのまま読み取ると難しい部分もあるとは思いますが、下記のような限定をした場合、そもそも瑕疵担保責任もつ本来の意味を半減させるものであるとも解釈出来るのではないかと思います。

皆様のご意見、アドバイスを頂ければ幸いです。


下記の内容は、今回仲介に入った大手不動産会社が、今回の契約に使用した契約書から抜粋したものです。

瑕疵責任
第12条
売主は、買主に対し、建物の専有部分における次の隠れたる瑕疵についてのみ責任を負い、それ以外の建物の瑕疵および土地の瑕疵ならび共有部分に原因がある瑕疵については、責任を負いません。
(1)雨漏り(2)シロアリの害(3)給排水管の故障
なお買主は、売主に対し、本物件について、前期瑕疵を発見したとき、すみやかに通知して、修復に急を要する場合を除いて立会う機会を与えなければなりません。

2.売主は、買主に対し、前項の瑕疵について、引き渡し完了から3か月以内に請求を受けたものに限り、責任を負います。なお、責任の内容は、修復にかぎるものとし、買主は、売主に対しし、前項の瑕疵について、修復の請求以外、本契約の無効、解除または損害賠償の請求をすることはできません。

3.前項の建物の瑕疵の修復範囲等は、別表中「建物の修復範囲等」の記載によります。

4.売主は、買主に対し、本契約締結時に第1項の瑕疵の存在を知らなくても、本条の責任を負いますが、買主が本契約締結時に第1の瑕疵の存在を知っていたときは、売主は本条の責任を負いません。
条項自体の無効を主張することは難しそうですし、「白アリ」と限定している趣旨を考えると類推適用で白アリ以外の害虫による瑕疵の責任を追及することも難しいと思います。ただし、瑕疵担保免責条項は、売主が知っていて告知しなかった瑕疵については適用されないことになっています。「床(コルク素材)の部分に害虫が発生してこと(被害は全室に及びます)」の状態を売主が知らなかったと言えるのか疑問もあります。直前まで住んでいたとか、現地を何度も内覧で立会紹介していたとか、害虫のおそれについて認識していたことをうかがわせる事情があったとか、そのような事情を集めれば売主の悪意を立証できるかもしれません。もういちど建物状況報告書を読んでみてください。なお、仲介業者に対しては、売主の瑕疵担保責任とは別の問題として、買主に物件を案内、仲介する業者として、建物全室に及ぶ害虫被害について調査義務を怠ったと言えないのか、容易に発見できるのに放置したとすれば、仲介業者としての善管注意義務違反を追及できる余地があります。両手で仲介手数料をもらっているなら、片手のあなたが支払った手数料くらいは返還してもらってもよいとも思えます。仲介業者が何をやっていたのか、という視点でもう一度事件を眺めてみてください。

KYYK_1009さん
2013年08月06日 10時17分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2013年08月06日 22時41分

この投稿は、2013年08月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 中古マンション売買の瑕疵担保責任について(売主です)

    下記のような買主からの補修費用請求に応じる必要がありますでしょうか? 以前にも質問したのですが…。契約書を改めて確認したので再度の質問です。 当方中古マンションの売主です。 引き渡し後に下記事項により補修費用の請求を受けています。 ・浴室の壁(アクリル板?)のひっかき傷(経年劣化により生じるものではなく、子...

  • 瑕疵について

    築30年の一戸建て住宅を売却しました。売買契約書は仲介業者が用意し瑕疵担保責任期間を3ヶ月、瑕疵の回復に関する売主の責任の範囲は、修復費用のみと定めています。 当該責任期間の終了間際に、買主から特定の部屋にシロアリが認められたため、修復費用を請求したい、との通知と請求書が届きました。その後、責任期間終了後に買主よ...

  • 中古住宅瑕疵保障について

    7ヶ月前に仲介業者を介して売主より鉄筋コンクリート造陸屋根2階建て(築12年)の中古住宅を購入しました。 大雨が降った際、3階屋上に上がる階段より雨漏れ(バケツをひっくり返した程の量)がありました。 物件状況確認書(告知書)には現在までには雨漏れを発見していないと記載がありました。 また、売買契約書・重要事項説明書...

  • 売主宅建業者の不動産の「設備」の瑕疵担保責任免責は合法か

    不動産(建物)の売買において、売主が宅地建物取引業者である場合、設備(給湯器等)の瑕疵担保責任について「設備も建物の一部であるから宅地建物取引業法40条の規定する2年以上の瑕疵担保義務がある」という説や、「契約書に明記してあれば設備に関しては瑕疵担保免責も有効である。」という説を目にし、どれが法的に正しいのか分から...

  • 不動産売買時の売主瑕疵担保責任について

    不動産売買時の売主瑕疵担保責任について質問をさせて頂きます。 築40年の築古戸建3戸、および土地を私の資産管理法人の名義で購入しました。(資産管理法人は私一人のみが社員の法人です。) 売買の目的は当該戸建てをリフォームし、貸家として貸出を行うためです。 リフォームには当初1戸あたり100-200万円程度かかると言われ、購...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。