弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約の解除 : 不動産契約の解除方法:条件や手続きなど

家賃保証契約と賃貸借契約の違いについて

家賃保証契約について質問です。

現在、マンションの一室を保有しており、それを家賃保証会社と「区分所有物件家賃保証契約書」という形で契約書を交わしています。そしてその家賃保証会社が、現在住んでいる借主と賃貸契約を結んでいると理解しています。
現在、家賃保証会社が不誠実な対応であったため、契約を解除しようと考えています。このため、契約書に記載している通り、解除したい6カ月前にその旨通知しました。
その解答の中で、その会社が、「区分所有物件家賃保証契約書」として結んでいる契約書は、家賃保証会社が言うには家賃について保証しているという形式であることから、実質的に賃貸借契約であるとのことですと回答してきました。それは正しいでしょうか。

私の理解としては、賃貸借契約は、家賃保証会社と借主が結んでいる契約であり、貸主である私と結んでいるのは、あくまでも家賃保証契約という理解です。

よろしくお願いします。
契約書を拝見しないと、実際にどのような契約なのかがわかりません。
サブリース(転貸借)と、家賃保証契約は通常は別物です。
家賃保証会社が行っているのは、大家と賃借人(入居者)が直接賃貸借契約を締結していることを前提に、借家人の賃料債務を保証する、という形が多いとは思いますが。
回答ありがとうございます。
そうですか、やはり、契約書を確認しない事には詳しくはわからなのでしょうか。という事は、契約書の内容によっては、賃貸借契約と実質的に同じ場合があるということなのでしょうか。
実際、その会社は、今実際に住んでいる方と賃貸借契約を結んで家賃をもらっている状況であると認識しているのですが。
おそらく、実質的に同じなので、借地借家法第28条を適用して、解除には「正当事由」が必要と言いたいのだと思います。
ですが、私が調べたところ、「賃貸人が転貸借を継承して、賃借人が従前どおり使用継続できる場合は、賃貸人が賃貸借の解約を申し入れるについて、特別の理由がない限り、解約の正当性が肯定される」(東京高裁平成14年3月5日の判例)のとおり、その会社に特別の理由がない限り、私の解約の正当性が肯定されると認識しています。これで間違いではないですか。

b4_0c25さん
2017年08月12日 15時21分

みんなの回答

池田 毅
池田 毅 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月12日 15時46分

b4_0c25 さん (質問者)

2017年08月12日 16時56分

この投稿は、2017年08月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 賃貸借契約解除と滞納家賃徴収について

    知り合いが大家をしている店舗併用の建物でトラブルが発生したのでお伺いします。 7年前に賃貸借契約を交わしました。 借主は個人で整体院を経営していたのですが、経営悪化で平成26年3月から家賃滞納をなっています。 貸主としては、再三の催促(口答)でしてきましたが、「今度」とか「出張中」などと言うばかりで支払ってくれる...

  • 家賃滞納による、賃貸契約の解除と退去について

    こんにちは。お世話になります。この夏に親族の急な不幸や、体調不良での入院、クレジットカードの返済で、家賃を遅れながらも払って来ました。ただ、9月の頭で8月分と9月分の2ヶ月滞納で、9月10日に契約解除となりましたが、9月10日に8月分は払いました。しかし、管理会社から契約解除したので退去しろと散々私と連帯保証人である父親...

  • 自己破産で賃貸の保証会社も借金に含んだ場合。家賃を借金に含んだ場合契約は解除されるのですよね?

    自己破産をし、弁護士に家計簿を出した段階です。 家賃滞納1ヶ月してます 管理会社に退去を伝えたら二ヶ月前申告と言われ6月です。 管理会社に伝えて賃貸契約してもらえますか? 今月引っ越し予定ですが。。 何が一番よろしいでしょうか? 保証会社に伝えて管理会社に賃貸解約を伝えて貰うべきでしょうか? 家賃を借金に含んだ...

  • 賃貸借契約解除後の賃料相当損害金

    賃借人から5月末付け賃貸借契約解除の解約届を貰ったのですが、現状、室内には賃借人の残置物が、たくさんある状況で明渡しが済んでいません。 保証会社に6月分の家賃を請求すると、賃貸借契約は解除されているので、保証委託契約も解除になっており、6月分は家賃ではなく、賃料相当損害金である為、代位弁済が出来ないと言われました。 解決...

  • 家賃滞納により賃貸借契約を解除した後の不法占拠について。

    ①賃借人は、家賃滞納を発生し3か月滞納していますが、賃貸人は、家賃保証会社から代位弁済は受けております。 よって、賃貸借契約を解除し、法的手続きを得ない場合でも、不法占拠として損害賠償を請求出来ますか? ②保証会社が代位弁済を行っており、債務は賃貸人に対してはありませんが、賃借人との信頼関係が失われたとして、賃...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。