弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約書

不動産取引の契約書は専門用語が多く難解ですが、高額な取引なだけに特に慎重な確認が必要です。ここでは、契約書の読み方・書き方や契約締結時の注意点などをご案内します。「購入の約束を反故にされそうになっている」「パンフレットの説明と部屋の広さが違った」「引き渡し前に物件が火事にあってしまったが、危険特約がついていなかった」「売買契約書を紛失してしまった」など、あなたのお悩みにあった法律ガイドや法律相談を見つけましょう。

契約書に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

契約書に関する解決事例

森下 梓

森下 梓弁護士

地盤補強費用を売主に請求出来た事例

30代のご夫婦。注文住宅を建てるために土地を探しており、購入予定の土地に合わせて建物プランを設計するなど、お話が進んでいましたが、土地購入直前に、以前田畑であった軟弱地盤であり、さらに近隣に土砂災害警戒区域があることが判明して慌ててキャンセル。その後、粘り強くさらに土地を探し続け、次の候補が見つかったところで...

前原 彩

前原 彩弁護士

借地法の適用がある土地賃貸借契約の更新契約について納得できる契約書が作成できた事例

 土地の賃貸をしているのですが,賃貸借契約の更新の時期が来ましたので,土地賃貸借契約の更新契約書の作成を依頼しました。  借地法と借地借家法のどちらが適用されるかでどのような違いが生じるのかを教えていただき,契約書の規定の意味をしっかりと理解した上で更新契約書を作成していただくことができました。  依頼者が土...

井上 愛美

井上 愛美弁護士

建物オーナーから退去を求められ期限延長に成功した件

私はテナント・ビルの中で飲食店を経営する会社の経営者です。この度、建物オーナーから「定期賃貸借契約の期限が到来したから、建物から退去するように」と求められました。このままでは投下資本の回収ができずに困っています。私が賃貸借契約を締結した際の状況、特に、「基本的には、契約を更新しますよ」と言われていたことなどを...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  2. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  3. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  4. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  5. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...
  6. 小栗旬さんに「エアコン室外機がうるさい」近...
  7. 保育園建設に近隣住民が「家屋の資産価値が下...