弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

不動産契約 : 初期費用から解約まで、不動産契約の基本

物件の売買契約の覚書について

個人間での物件売買において作成した覚書の内容に関する質問です。(当方は売主側です)

覚書概要
第1条
買主の死亡が予見され、かつ以下の内容を満たすとき買主は○万円で売主に売渡す。
条件1〜3省略
条件4
買主の親の同意があったとき。
第2条以降省略

質問
1.上記の第1条の内容は買い戻す義務があるという意味になるのでしょうか。
(売主側がいらないということは出来ないのでしょうか)

2.条件4の内容は読んで字の如く、買主の親が拒否すれば買い戻しは出来ないということになると思うのですが、その時点以降は買い戻しに関してどうなるのでしょうか。
(一旦拒否したあとでも買主の親が売りたいと思ったときに覚書の通りの条件になるのでしょうか。)

3.覚書にサインをした人間が理解していた内容と異なる場合、無効を訴えることは出来るのでしょうか。(高齢の親がよくわからずサインしている状態てます。認知症等ではありません。)

以上です。
よろしくお願い致します。
> 1.上記の第1条の内容は買い戻す義務があるという意味になるのでしょうか。
> (売主側がいらないということは出来ないのでしょうか)

その文言だけみると、そのように読めます。

> 2.条件4の内容は読んで字の如く、買主の親が拒否すれば買い戻しは出来ないということになると思うのですが、その時点以降は買い戻しに関してどうなるのでしょうか。 (一旦拒否したあとでも買主の親が売りたいと思ったときに覚書の通りの条件になるのでしょうか。)

その文言だけ見ると、後で同意してもよいように思われます。

> 3.覚書にサインをした人間が理解していた内容と異なる場合、無効を訴えることは出来るのでしょうか。

できますが、判断能力がないことはないと主張するほうが立証していく必要があります。
契約書全体を見ないと、条件が成就したときに当然に買い戻しの効力が生じるという趣旨なのか、条件が成就したときに買主から売主に対して買い戻しを請求できるという効力が生じる趣旨なのか、条件が成就したときに売主から買主に対して買い戻しを請求できるという効力が生じる趣旨なのか、条件が成就したときに当事者双方から他方に対して買い戻しを請求できるという効力が生じる趣旨なのか、判断できません。

b4_8089さん
2017年01月08日 01時31分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう

2017年01月08日 04時11分

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都10 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう

2017年01月08日 10時13分

この投稿は、2017年01月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 用地買収等で、認知症の親族の財産を国に売り払う必要がある場合の契約の方法について

     用地買収等で、認知症の親族の財産を国(等の事業主体)に売り払う必要がある場合の契約の方法にはどのようなものが考えられますか?  簡便で費用等があまりかからない方法がありましたらお教えください。

  • 「不動産取引が『個人間売買』とみなされる条件について」

    はじめまして。 現在、不動産取引の『個人間売買』を促進するビジネスを検討しています。 不動産仲介業者を間に入れない『個人間売買』としてみなされる条件についてお伺いしたく、投稿しました。 下記の2つの場合においても、仲介業者が介在していない『個人間売買』としてみなされるのでしょうか? (1)不動産コンサルタン...

  • 不動産の売主に売買契約履行を強制できるでしょうか

    1ヵ月前、売主Aと買主B(私の知人)との間でA所有の土地建物(戸建住宅)の売買契約を締結し、Bは契約締結時に手付金を支払いました。売主Aは宅地建物取引業者ではなく一個人です。 ところが昨日、売主Aが当該契約をやはり解除したいとBに連絡してきました。 どうやら、Bよりもかなり良い条件で購入したいという第三者が現れた...

  • 実際と説明が異なる不動産取引は契約解除できますか?

    都市計画事業地内の中古住宅を買うことになり契約しました。銀行とローン契約を締結して、残金を手渡しすれば契約が完了するところまで進んでいます。 購入する前の説明では「都市計画事業が始まって土地家屋が買収される時には、同等の建物を新築するだけのお金が補償される」との説明でしたが、気になったので都市計画担当部署に聞...

  • マンションの所有権移転登記は売主、買主どちらが。

    マンションの売買のあとの所有権移転登記はどちらの費用負担なんでしょうか。 また、どちらが行うのが正しいのでしょうか。 所有権移転登記がされないまま、数年が経過し、ここにきて買主から移転登記をしてくれと依頼がありました。 移転登記用の必要なものは、渡したはずですが、いまさらですが、こちらに依頼をしてきて、費用...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産契約に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  2. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  3. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  4. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...
  5. 小栗旬さんに「エアコン室外機がうるさい」近...
  6. 保育園建設に近隣住民が「家屋の資産価値が下...
  7. 千葉・市川の「保育園」が周辺住民の反対で開...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。