弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

不動産契約 : 初期費用から解約まで、不動産契約の基本

物件の売買契約の覚書について

個人間での物件売買において作成した覚書の内容に関する質問です。(当方は売主側です)

覚書概要
第1条
買主の死亡が予見され、かつ以下の内容を満たすとき買主は○万円で売主に売渡す。
条件1〜3省略
条件4
買主の親の同意があったとき。
第2条以降省略

質問
1.上記の第1条の内容は買い戻す義務があるという意味になるのでしょうか。
(売主側がいらないということは出来ないのでしょうか)

2.条件4の内容は読んで字の如く、買主の親が拒否すれば買い戻しは出来ないということになると思うのですが、その時点以降は買い戻しに関してどうなるのでしょうか。
(一旦拒否したあとでも買主の親が売りたいと思ったときに覚書の通りの条件になるのでしょうか。)

3.覚書にサインをした人間が理解していた内容と異なる場合、無効を訴えることは出来るのでしょうか。(高齢の親がよくわからずサインしている状態てます。認知症等ではありません。)

以上です。
よろしくお願い致します。
> 1.上記の第1条の内容は買い戻す義務があるという意味になるのでしょうか。
> (売主側がいらないということは出来ないのでしょうか)

その文言だけみると、そのように読めます。

> 2.条件4の内容は読んで字の如く、買主の親が拒否すれば買い戻しは出来ないということになると思うのですが、その時点以降は買い戻しに関してどうなるのでしょうか。 (一旦拒否したあとでも買主の親が売りたいと思ったときに覚書の通りの条件になるのでしょうか。)

その文言だけ見ると、後で同意してもよいように思われます。

> 3.覚書にサインをした人間が理解していた内容と異なる場合、無効を訴えることは出来るのでしょうか。

できますが、判断能力がないことはないと主張するほうが立証していく必要があります。
契約書全体を見ないと、条件が成就したときに当然に買い戻しの効力が生じるという趣旨なのか、条件が成就したときに買主から売主に対して買い戻しを請求できるという効力が生じる趣旨なのか、条件が成就したときに売主から買主に対して買い戻しを請求できるという効力が生じる趣旨なのか、条件が成就したときに当事者双方から他方に対して買い戻しを請求できるという効力が生じる趣旨なのか、判断できません。

b4_8089さん
2017年01月08日 01時31分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう

2017年01月08日 04時11分

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう

2017年01月08日 10時13分

この投稿は、2017年01月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不動産売買の覚書の効力について

    ある土地を購入予定で契約も進み、引渡しを受ける直前ではあります。土地の形がいびつなんですが、前所有者Aと隣地の前所有者Bとの間で「後々揉めない様に境界ラインをキレイな直線になる旨の金銭の取引や使用」などの覚書が交わされており、現地はその覚書通りのラインで土手が作られてます。今回私はAから購入するのですが、隣地は...

  • 悪意の相続。認知症の祖母土地を勝手に売買できるのですか?

    認知症になって書いた遺言書で祖父母の遺産を独り占めしようとしていますけどその相続を無効にする事は出来ないのでしょうか?祖母はまだ生きています。認知症の祖母土地を勝手に売買できるのですか?

  • 老人ホームに入所中の認知症の高齢者の自宅を、子供が代理で売却する方法

    老人ホームに入所中の、認知症(中程度)の母が所有する自宅を売却する場合、後見人制度を利用せず、委任状をもらって息子が代理契約したり、本人同席で本人の自筆による署名で契約しても、問題ないでしょうか? 不利な契約とならないよう、息子が責任を持ちます。 また、遺言により自宅は息子がもらい受ける事になっており、売却代金...

  • 不動産売買で当初価格より減額して販売をする際の手続きについて

    不動産売買で、特定の条件を満たした顧客に対して、当初価格より減額して販売をする場合、手続きの流れとして以下の通りになるのが一般的です。 (手付金受領)→当初価格にて売買契約締結→(同日もしくは後日)減額後価格で残金払う旨の覚書締結→残金決裁 思うのですが、契約前の段階で買い付けを入れた顧客が条件を満たす事が予め...

  • 事業用定期借地権つき土地売買時の公正証書について

    この度、事業用定期借地権が設定され、借地人より地代収入が得られる土地の購入を検討しております。 既に売主と借地人間で、公正証書にて借地契約を締結しておりますが、土地売買に伴い、新たに買主と借地人間で公正証書をまきなおす必要はあるでしょうか?賃貸人変更覚書等で対応可能でしょうか? 御指南いただけると幸いです。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  2. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  3. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  4. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  5. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  6. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...
  7. 小栗旬さんに「エアコン室外機がうるさい」近...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。