弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

不動産契約 : 初期費用から解約まで、不動産契約の基本

土地の売買につきまして

土地の売買契約書についての相談です。
田舎の土地を、不動産屋を通して現金で買いました。領収書もあります。すぐに売買契約書を結んだのですが、売主の名前が、ここの不動産会社になっていました。
法務局で調べたところ、全く別人の個人所有者でした。不動産社長に問いただしたところ、不正を認めました。
詐欺になるかと思います。
契約書に記してあるのは、不法行為があった場合、手付金の2倍返しと記してあります。
不動産社長も2倍返しすることを約束しました。
そこで質問です。
散々、騙された挙げ句、すんなり事が進むとは思えません。
私、素人だけで進めるのは危険を感じます。
もし、相手が突然拒否したりした場合、または、開き直った場合、どのような進め方をしたら宜しいでしょうか?
ご教授の程、お願い致します。
>もし、相手が突然拒否したりした場合、または、開き直った場合、どのような進め方をしたら宜しいでしょうか?

弁護士に依頼して交渉してもらうことを検討されてください。
また、訴訟によって、手付金の2倍のお金を支払うよう求めるほかないでしょうね。

ただ、それに取られる時間や手間、費用を考えると、速やかに終わる方法を模索することも一つの解決策かもしれません。
黒岩先生、有り難うございます。
もし、拒否された場合、または第三者が加入した場合、弁護士を通して刑事告訴も検討しています。
その考え方で宜しいでしょうか?
もちろん、スムーズに事が進めば最善なのですが・・
おそらく払う払うと言って
払われない可能性が高いです。
まずは、弁護士に面談で相談し、
具体的な事情を話して方針を決めて
相手に対応した方がよいと思います。
高島先生、有り難うございます。
近くの弁護士に相談します。

よんくんさん
2016年11月14日 07時30分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意2
ありがとう

2016年11月14日 07時33分

よんくん さん (質問者)

2016年11月14日 07時44分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
弁護士が同意2
ありがとう

2016年11月14日 09時18分

よんくん さん (質問者)

2016年11月14日 10時52分

この投稿は、2016年11月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では10,222名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 不動産売買の手付金を返さなければならないか。

    マンションの売買契約に関してです。私が売主になり、不動産業者を通じて買主が海外の方です。現在、手付金は受領して、買主の契約書押印は終わってその契約書を海外より郵送中の状況です。私はまだ契約書に押印しておりませんが、引越しの準備等をしております。この状況で契約解除の申し出があった場合、手付金はどうなりますでしょう...

  • 不動産の売主に売買契約履行を強制できるでしょうか

    1ヵ月前、売主Aと買主B(私の知人)との間でA所有の土地建物(戸建住宅)の売買契約を締結し、Bは契約締結時に手付金を支払いました。売主Aは宅地建物取引業者ではなく一個人です。 ところが昨日、売主Aが当該契約をやはり解除したいとBに連絡してきました。 どうやら、Bよりもかなり良い条件で購入したいという第三者が現れた...

  • 不動産売買契約について

    不動産売買契約の書類に売主(一般人)、買主(業者)の場合、手付金を200万受領しました。 契約書に解約時は手付金の満額返金と違約金を400万支払うと書いてありますが、売買金額1,650万の場合、解約時の違約金は330万が上限ではないのでしょうか?もしそうならば、この不動産屋は信用出来ませんのでこの契約は無効にできますか?

  • 不動産の売買契約の違反について

    先ほど相談をした件で重ねてお尋ねしたいのですが、土地、建物の売買契約書を結び手付金を受け取った のちの残金受け取り日(○○日までに)の変更は違反になるのですか。うかつにも年末までにと書いてあったのを見逃してしまったため年末年始はどうしても動きが取れないのでという理由ではだめですか。変更の申し入れを撤回すれば済むこと...

  • 不動産売買契約について

    お世話になります。 現在、中古住宅を売却に出しています。 不動産屋の仲介(買主、売主とも同じ不動産屋)での取引で購入希望者が見つかり、契約に至りました。 契約時には手付金として購入代金の一部を受け取り、後日先方のローン実行日に残額を受け取ると言う流れでしたが、先方の事情で契約解除になりました。 契約書には手付金を...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  2. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  3. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  4. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  5. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  6. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...
  7. 小栗旬さんに「エアコン室外機がうるさい」近...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。