弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

定期借家 : 定期借家権とは?メリットや注意点を知る

会社の事務所の定期借家契約についてです。

会社の事務所の定期借家契約を結んでいる借り主です。
その定期借家契約についてご質問です。

契約終了日の半年前までに貸主から契約満了の案内をもらうことになっていると認識しているのですがあっていますか?

また、その案内がない場合は契約満了日を過ぎて、退去しなくても、貸主は抗えないという認識ですがあっていますか?

もし、貸主、借り主双方が合意をすれば定期借家契約を延長して、お金の移動はなしで現契約を承継するということもありえることでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。
> 契約終了日の半年前までに貸主から契約満了の案内をもらうことになっていると認識しているのですがあっていますか?
下記の通り借地借家法38条4項で規定されています。半年前までに終了通知をするのが原則です。

> また、その案内がない場合は契約満了日を過ぎて、退去しなくても、貸主は抗えないという認識ですがあっていますか?
終了通知が無い場合は終了を対抗できなくなります。ただし,無制限に賃借人が保護されるわけではありません。期間経過後でも終了通知をすれば,通知後6か月経過すれば終了を対抗できるようになります。

> もし、貸主、借り主双方が合意をすれば定期借家契約を延長して、お金の移動はなしで現契約を承継するということもありえることでしょうか?
定期借家の場合,延長ではなく再契約という形になるでしょう。延長としてしまうと,普通借家に転化してしまうおそれがあります。
再契約時に一時金等の授受をどうするかについては,再契約時における当事者の合意次第ですね。


4 第一項の規定による建物の賃貸借において、期間が一年以上である場合には、建物の賃貸人は、期間の満了の一年前から六月前までの間(以下この項において「通知期間」という。)に建物の賃借人に対し期間の満了により建物の賃貸借が終了する旨の通知をしなければ、その終了を建物の賃借人に対抗することができない。ただし、建物の賃貸人が通知期間の経過後建物の賃借人に対しその旨の通知をした場合においては、その通知の日から六月を経過した後は、この限りでない。


b4_8a23さん
2018年05月15日 19時20分

みんなの回答

大西 純
大西 純 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2018年05月15日 20時28分

この投稿は、2018年05月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では11,390名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 定期借家契約について

    定期借家契約2年間について。 新しく定期借家契約を結びます。 過去に違反が多かったので賃貸借契約を定期借家契約に切り替えます。 家賃を滞納した場合は直ぐに退去を求めることが出来る条約を入れる事は出来ますか??

  • 定期借家契約について

     定期借家契約を結ぶことに賃貸人、賃借人とも合意し、口約束の普通賃貸借契約を合意解約し、2年の定期借家契約を結んだとします。  2年後に定期借家契約の約束どおりに、退去する時期がやってきた頃に、平成12年3月1日以前の普通賃貸借契約は定期借家契約に変更することが出来なかった・・と判明したとします。(合意解約し...

  • 定期借家契約について

    貸主の立場です。賃借人と定期建物賃貸借契約を締結し,仮に4月1日で契約期間が満了していたが,そのまま5月まで家賃をもらい続けていたが,7月の時点で2カ月の家賃滞納となりました。普通賃貸借の場合は内容証明で相当期間の猶予を与えて契約を解除するのですが,今回のケースでは,定期借家ですので,契約期間満了時点で契約が切...

  • 定期借家契約について 

     定期借家契約についてです。  定期借家契約の施行は平成12年3月1日ですが、それ以前に契約した居住用の建物賃貸借契約の場合、「同一の当事者間」で「同一の建物について」定期借家契約をすることはある程度の期間を置かなければ(確か4年くらいだったでしょうか・・)締結できないことになっています。  そこで質問なので...

  • 定期借家契約のデメリット

    父世帯が賃貸している戸建ての契約を賃料を下げるので、「定期借家契約」に変更してほしいと依頼されています。期間は、3年です。 まだ返事はしていないのですが、老朽化もすすみ、不便を感じていたので、賃料を下げてもらえるなら「定期借家契約」の変更の申し出を受けようと思っています。 さて、 定期借家契約に変更した場合...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。