弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

宅地建物取引業者ではない無免許業者を仲介して契約した賃貸契約は無効でしょうか?

賃貸契約の経緯として、引っ越し前の自宅にポスティングされていた「大家と直接契約 
この間取り、この場所でX万円」というチラシをみて、直接コンタクトを取りました。
実際にお話をしてみると、その方(以下、Aと呼称)は、そのアパートの持ち主の
息子さんであり、契約形態としては賃借人が私、賃貸人がそのアパートの持ち主
(賃貸人で本当の大家さん)、管理会社としてAが運営する会社というようになり、
契約書にもこのように記載があります。

賃貸契約をするにあたっては、賃貸人(アパートの持ち主本人)とは一度も顔を合わせず、
全てAを介する形で初期費用の精算や契約書の説明、サイン、印を行いました。


引っ越してから数ヶ月たち、宅建業法について調べていたところ、
賃貸人(大家またはその物件を所有する管理会社)と賃借人の賃貸契約では、
賃貸人に宅建業の免許は必要ないが、物件を所有していない管理会社が賃貸契約の
仲介を行うには宅建業の免許が必要という記載を見つけました。

私がしている契約の場合、管理会社は賃貸人の息子さんのAが運営する会社なので、
宅建業の免許は必要ではないかと考えました。契約書を今一度みてみると、
本来記載されているはずの、宅建免許の記載がどこにもありませんでした。
そこで、県及び国土交通省のサイトから、宅建業者の検索を行ったところ、
Aの運営する管理会社は検索に出ないということがわかりました。

ということは、宅建業の無免許業者を仲介して賃貸人と契約してしまった、ということになります。


ご質問したいことは以下の2点です。

1.この賃貸契約自体は有効なものなのでしょうか?
(例えば、住み続けられるか?契約書記載の条項や特約などは有効なまま?)

2.次にどのような対応を私は行えば良いでしょうか?
(例えば、公益通報?行政との相談?)
無免許業者が関与したからといって直ちには契約は無効にはならない。申告するとしたら都道府県の宅建業に関する指導などを行っている担当に無免許で業務を行っていることを伝えて指導や処分を求めることが考えられます。

b4_1a03さん
2018年03月28日 11時47分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府7 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2018年03月29日 18時15分

この投稿は、2018年03月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不法占拠者に対する管理会社の義務

    当方所有の建物に管理会社を通してリフォーム前提で入居の申込みがあり、リフォームをするという理由で管理会社から鍵を借りて、賃貸借契約書をのらりくらりと結ばないまま、家賃も払わずに居座られて困っています。 契約の対応をしていた管理会社は、契約書を結ばないと、家賃滞納に伴う家賃督促や入居者への対応ができないとして、...

  • 宅地建物取引業法について

    宅地建物取引業法は行政(取締)法規だと聞きました。 建物の賃貸借契約(仲介・代理)を宅建業者に依頼して、 契約を締結させた場合、その宅建業者が宅建業法に違反して 重要事項説明を怠り賃借人と賃貸人の間でトラブルが生じた場合、 1.賃貸人も宅建業者の違法行為について責任追及されるのでしょうか? 2.それとも、業者の取締法規...

  • オーナーチェンジ時の賃貸借契約の有効性の有無

    現在、賃借人が居住中の賃貸マンションを個人で購入したのですが、オーナーチェンジ(家賃の支払口座等がかわる)したということで契約書を間に宅建業者をいれ、新たにしたのですが、後に賃借人より、その宅建業者が重要事項の説明を怠ったと言う理由で、新たな契約書の無効を主張してきました。宅建業者は手数料等も賃借人から受け取って...

  • 管理会社の勝手な賃貸人契約は違反では

    集合住宅の管理をY社に委託しています。代理賃貸契約(サブリース契約)を交わしていないのに、管理人が貸し主として入居者との間で賃貸借契約を交わすことは違法だと思います。 何法違反で、何円損害を請求出来るでしょうか。

  • 賃貸借契約変更 テナントの法人契約者から別法人への「貸借物の転貸等」の追加要求に対応するには?

    現在法人契約でビルの1室を賃貸借契約をA株式会社と結んでおります。 現在、不動産会社の事務所・会議室として使用しています。 契約書の中に禁止事項として「本件賃借物の全部又は一部を転貸し、若しくは同居・共同使用その他名義の如何を問わず第三者に使用させること。」と記載してあります。 先日、A株式会社から同一住...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。