弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

退去 : 賃貸物件退去時のトラブル事例と対処法

賃貸契約、退去申請の取り消しについて

4日前、賃貸契約をしている不動産屋さんに、電話で退去申請をいたしました。
通院の利便性の為に実家へ帰るつもりでいましたが、愛着のある部屋ですし。多少遠くても現在の住居から通院したく思いました。
契約契約書を確認したら、

乙が契約期間中に本契約を解約しようとする場合は、1ヶ月以前に甲に書面で申し入れなければなりません。但し、1ヶ月分の賃料等相当額の違約金を支払うことにより、1ヶ月経過前でも随時に本契約を解除することが出来ます。また、乙による解約の申し入れは、甲の書面による承諾無くしては、これを撤回しまたは取り消すことはできません。

以上のように書いてありました。
私は電話にて退去を申し入れました。不動産屋さんより書面にて通知をお願いしますなどとは言われてないのですが、
退去申請の取り消しをすることは可能でしょうか。
ご回答をどうぞよろしくお願いします。
賃貸借契約上、賃借人による解約申入れの一方的な撤回・取消しが禁止されている理由の1つとして、賃借人が解約を申し入れた後は賃貸人が次の入居者の募集を開始するため、賃借人が解約を撤回した時点で次の入居者が決まってしまっている場合があるという点が考えられます。

次の入居者が決まっていなければ、特に抵抗なく相手が解約申入れの撤回に応じる可能性もあると思われます。
早いうちに、まずは解約申入れを撤回したい旨を不動産業者に連絡された方が良いと思われます。
退去申請の取り消しをすることは可能でしょうか。

大家さんが受け入れてくれれば構わないと思いますが、すでに次の賃借人募集に向けて動いているとなると、応じてくれない場合もあるかもしれませんね。
ただ、引き続き相談者がいるなら賃料は確保できると思いますので、大家さんにとっても不利益ということでもないと思います。
早めに不動産業者さんを通じて話してみてはいかがでしょうか。

koumeさん
2015年04月17日 10時20分

みんなの回答

久保田 光晴
久保田 光晴 弁護士
ありがとう

2015年04月17日 13時11分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう

2015年04月18日 08時10分

この投稿は、2015年04月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 退去通知と取消

    賃貸契約のマンションに居住しています。 (居住して5年、家賃の遅滞はありません、2年ごとの契約更新は来年5月) 賃貸契約書による2ヶ月まえの退去通知として電話にて管理会社(一部上場)に連絡しました。その後退去手続きのための書類が郵送され退去予定書を記名捺印して返送しました。別添の退去日、立会日の書類は未提出です。 そ...

  • 賃貸で退去日の申し出の取り消しについて

    はじめまして 賃貸に関する相談です。 現在、住んでいる集合住宅の管理会社から騒音について苦情を言われていて 「出て行ってもらわないと困る」と連帯保証人が言われ、保証人はすぐには 無理だから少し期間が欲しいと退去する日付を指定しました。 事情を理解していない保証人が、管理人に上記のように凄まれて保証人 の方...

  • 条件外の初期費用を請求され、キャンセルには別途料金を求められた場合、どうすればよいですか?

    失礼します。 部屋を借りるため不動産屋で契約をし、敷金礼金、前家賃等の費用を払い、後は鍵を貰うだけの状態でしたが、条件や説明になかったはずなのに、更に1ヶ月分の家賃を払えと言われ、払わないと鍵を渡せないと言われました 自分が考えていた、ぎりぎりの初期費用でお願いしてたので、金銭的にきついので、家賃等払えるか不安...

  • 【至急】友人から、マンションの解約届をだし受理をされたが、やはり退去したくないと相談がありました。

    友人はマンションの解約届をだしたあと、管理会社に解約のキャンセルの連絡をしましたが、 管理会社からの回答は、解約届のキャンセルはできないとのことでした。 また再契約についても、いままでの友人の素行より拒否されています。 それでもマンションに住み続けることは可能でしょうか。

  • 保護命令の退去命令2ケ月後の住居の契約等

    DVを捏造され保護命令を発令され即時抗告、現在審理中です。 退去命令2ケ月が経ち住居にいったところ、家財はほとんどありませんでした。 そこで質問致します。 即時抗告で保護命令が取消しとなり、親権争いとなり、そしてその判断が裁判でだされるまで住居の 契約は継続、そして私の住民票の異動も行わないほうがいいのでしょう...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

建物明け渡し・立ち退きに注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  2. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  3. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  4. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  5. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  6. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...
  7. 小栗旬さんに「エアコン室外機がうるさい」近...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。