弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

不動産・建築

債務者が債務の本旨に従った履行をしない場合は通常生ずべき損害の賠償を請求できます。この場合、通常の居住建物使用目的で購入するものであるので、不動産業者としては契約上日常生活に必要な設備の有無などについて説明する義務があると言えます。テレビの視聴環境については当然説明義務の内容となり、説明不足で視聴できなかった場合は債務不履行となり、視聴できるように工事した費用は通常損害と言えるので貴方の考えでいいと思います。

2013年10月25日 15時26分
野澤 裕昭
野澤 裕昭 弁護士
ありがとう
ベストアンサー
この投稿は、2013年10月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

問題解決に向けた次のステップはこちら

すぐに弁護士が必要な方はこちら

相談内容

不動産業者の説明不足による損害について

中古物件を購入し、転居完了しました。引越し当日に、テレビの配線を行っても見られないので、不動産仲介業者の担当者に尋ねたら、「線をつないだら見られる」旨の説明を受けましたが、 実は今回購入したのは特...

2013年10月25日 14時22分 相談内容を詳しくみる